体験談をチェックしてください

ネットで車を売却するとき、買い替えで下取りに出すよりも、車買取業者に出して買い取ってもらった方が高く売る事が出来ると言う情報がたくさんあったので、実際に今乗っている車を下取りと買取で査定をしてもらいました。

 

 

 

一応今乗っている車も2回車検を通してそろそろ買い替え時だと思っていたので、実際どんなもんかと思って行ってみたのですが、意外な結果に驚いています。結論からいうと、ネットでの情報とは異なり、ディーラーでの下取りの方が高いと言う結果でした。

 

 

確かに最初は買取の方が高い金額を提示しているところもありました。最初はネットでの検索で車の査定を行ってみたのですが、その時は確かに下取りよりも高い金額となっていました。ですが、意気揚々と指定された店頭まで車を持っていくと、出た金額はネットで調べた金額と比べるとかなり低くなっていました。

 

 

 

担当者にネットの事を伝えると、その金額はその車の一番良い状態で最大の金額だそうで、その金額から車の走行距離や状態、装備品などを調べて金額が下がっていくそうです。そのため、確かに買取価格の方が高くなりやすい傾向ではあると言うのは、あくまでもネット上での査定であって、実際の金額とは差が出る可能性が大です。

 

 

 

とはいっても、あくまでも私の経験だけなのでもしかしたら別の車や、他の店では下取りよりも高くなるかもしれませんが、単純にネットの情報を信用し過ぎてはいけないとうことですね。買取業者の担当者も、ネットで情報を見てくる人が多く来店するみたいですが、その金額で確実に売れると思っているのは大きな勘違いだと言っていました。

 

 

 

車の劣化しますし、小さな傷や車内の汚れなども載っていれば必ずあるものなので、売却するときにはネットのでの金額よりも大抵下がるものだと思って来てもらった方が良いと言っていました。とはいっても。

 

 

下がりながらもかなり下取り価格に近付けてはくれましたが、結局ディーラーの方が車を購入してもらえる問う事も有り、かなり頑張って下取り価格を上げてくれたので、結局私は下取りに出すことにしました。今後も車を手放す際は、下取りと買取どちらも査定をしてもらおうとは思います。

 

 

ネットでの情報を鵜呑みにし過ぎるのもやっぱりよくないですねー