どうするのが正解?!

友達が車買取業者で働いているのですが、車を手放す際にはすぐに廃車にしない様にしたほうがいいとのことでした。

 

 

自分の乗っている車はまだまだ乗れるのですが、乗り潰すくらいまで乗っていたとしても車が動く状態であれば廃車をすぐには選択せず、一度買取業者に見積もりを出してもらうと言いそうです。

 

 

 

日本では10万キロを超えた車は価値がなく、買い手がつきにくいのは間違いないのですが、海外ではそうではないそうです。

 

 

海外では日本車は壊れにくいと人気が高いものの、どうしても値段が高くなってしまうとの事で、新車で買えない人が中古の日本車を好んで購入するそうです。日本車は10万キロが限界だと思っている人が多いのですが、それは昔の話です。

 

 

 

今の車はとても壊れにくくなっており、たしかに10万キロも走れば多少修理するところは必要になるかもしれませんが、それでも新車を購入するよりも直しながら乗った方が安くできるそうです。

 

 

 

乗ろうと思えば15〜20万キロくらいまでは十分のれるそうです。そんな日本車を廃車にすることはまずなく、買い取って海外に売ることができるのでたいていの車は廃車にせずに買い取るそうです。

 

 

 

廃車にするにはどうしてもお金がかかりますが、買取であれば逆にお金が手に入るので、どんな車であっても手放す際にはまずは買取業者に買い取ってもらえるか確認するのが大事ですね。